分子振動活性装置 HIETハイエット

食物体の約90%以上は「水」です。また栽培機関を通して最も多く与えている物も「水」です。
作物の質は与える「水」の質に非常に大きく影響されます。

ハイエットについて、詳しくは>> 日本創造エネルギー研究所のホームページをご覧ください。

ハイエットとは?

『HIETハイエット』とは、日本創造エネルギー研究所が開発した分子振動活性装置です。自然界にある空間エネルギー(赤外熱振動)を取り込み、水の分子集合化させている水素結合を切断し、分子サイズのミクロ水に改質します。

ハイエット処理された活性水を利用する事により、植物体が非常に元気になり、できる作物も活き活きとし日持ちもよくなりました。

実際に、ハイエット活性水を利用し栽培したイチゴを使用した日持ち試験(写真右)では、収穫してから約10日後でも"へた"もしおれず、驚くほど鮮度が長持ちしました。

イチゴに限らず、その他の作物でもたくさんの生産者の方から驚きの声が寄せられています。

ハイエットの特徴

オリジナル機能
自然界にある空間エネルギー(赤外熱振動)を取り込み、継続照射が可能。
自然のエネルギー育成赤外光活用の環境支援実用装置です。
コンバーター機能
動植物に最適な振動波長帯(10マイクロメーター領域の振動波長)に変換照射。
水の分子を集結化させている水素結合を切断、単分子サイズのミクロ水に改質。
継続性・安全性も検証されています。
バッテリー機能
電気や磁石は一切使用していないので、計器類等への障害もありません。
取付は簡単。メンテナンス不要で、電源ナシ!
バッテリー機能
分子振動活性装置ハイエットは、広範囲な分野での応用が期待されます。
農畜産物の健全育成及び品質向上、水質環境の改善・改良。

ハイエットの取り付け方法及び使用上の注意

1.塩ビパイプ及び水道鉄管における取付方

  • 手順1.マイナスドライバーでネジをゆるめる。
  • 手順2.マイナスドライバーでネジをゆるめる。
  • 手順3.バンドをはずす。
  • 手順4.水道管にハイエットをかぶせる。
  • 手順5.バンドをはめてネジをしめる。
  • 手順6.取り付け完了です。すごく簡単です。

2.家庭用ホースにおける取付方法

★注意1.
ハイエットをコンクリートの上などに落としたり、
強い衝撃に遭うと中のバランスが壊れます。

★注意2.

試験的に使用される場合ポンプが全く別な箇所を対照区にしてください。

ページトップへ戻る
旧暦栽培管理表
お客様の声

リンク

(有)バイオベジ
http://karatsunouhou.com
NPO法人 オーガニックサポート
http://www.organic-support.com
日本創造エネルギー研究所
http://www.nihon-souzou-energy.jp/

ホーム会社概要微生物農法とは?現代農法の問題点商品のご案内旧暦栽培管理表お客様の声よくあるご質問分子振動活性装置HIETハイエットお知らせお問い合わせ 

COPYRIGHT (C) JIN SUPPORT CO, Ltd. ALL RIGHT RESERVED.